サイバーセキュリティは経営課題の一つとなっています


顧客の個人情報を収集・活用する、営業秘密としての技術情報を活用する、プラントを自動制御する
など様々なビジネスの現場において、IT の利活用は企業の収益性向上に不可欠なものとなっています。

一方、こうしたビジネスを脅かすサイバー攻撃は避けられないリスクとなってます。
純利益の半分以上を失うような攻撃を受けた企業も存在するなど、深刻な問題を引き起こすこともあります。
そして、その防衛策には、セキュリティへの投資が必要となります。

つまり、企業戦略として、IT に対する投資をどの程度行うのか、その中で、どの程度、事業継続性の確保
サイバー攻撃に対する防衛力の向上という企業価値のためにセキュリティ投資をすべきか
経営判断が求められます

サイバー攻撃により、個人情報や安全保障上の機微な技術の流出、インフラの供給停止など
社会に対して損害を与えてしまった場合、社会から経営者のリスク対応の是非
さらには経営責任が問われることもあります


経産省:サイバーセキュリティガイドラインを引用させていただきました